« ぷらり途中下車の旅  ー 都電荒川線 前編ー | トップページ | ぷらり途中下車の旅  ー 都電荒川線 後編ー »

2009年5月27日 (水)

ぷらり途中下車の旅  ー 都電荒川線 中編ー

ちょっと疲れたので、『鬼子母神前』から、『王子駅前』まで電車に揺られる。

車窓からは、この時期『バラ』が沿道にずうっと咲いている。
見事なもんだ。

だからといって、観光目的の電車ではない。
通勤、通学、お買い物といった、街の人達の為の乗り物のようだ。
午後二時、三時頃でも、5-6分に一本の電車が来るので、とても使い勝手が良い。
そして、いつもそこそこ混んでいる。

一つ手前の『飛鳥山』には立派な公園が見え、降りてみたかった。
『旧古河庭園』が徒歩15分のところにあるはずだったが、通り過ぎてしまった。

『王子駅前』に降りたのは、『扇屋』の玉子焼きというのを見てみたかったのだが、結局探せず、駅近くの野天の開放的なファーストフードモールで、『アップルパイ』とアイスコーヒー。

つづいて『梶原』で、『都電最中』の和菓子舗『明美』を探索。
ホントにそれらしい商店街があるのか不安だったものの、ぐるっと回って、『明美』発見。
テレビカメラが取材中で、店の中にも入らず。

一個140円の『都電最中』も遠目に見るにとどまり、次の『荒川車庫前』まで歩く事に、
甘いものへの欲求が失せていた。


近頃、ちょっと『コテツ』が入ってきている。
(鉄道を趣味とする人を総称して『テツ(ちゃん)』と言うらしく、ちょっぴり趣味的な人は『コテツ』なのだそうだ。ならば、まだまだ『プチコテツ』程度だと思うけどね。)

なのでこの駅は少し楽しみだった。
古い車両や、唯一の操車場がある場所なのだ。

が、残念ながらその『都電おもいで広場』は午後四時で閉場ということだった。
(ので、以下の写真は門の外からの撮影です)

31
41
2_3


つづいて『熊野前』
もう何十年前になるのだろうか、『北野武』氏が『ビートたけし』さんの頃、日本テレビ系列で放送していた『天才!たけしの元気が出るテレビ』で取り上げられた、『はっぴぃもーる熊野前』のあるところだ。

ウェブでは随分と寂れている事が書かれてあったので、期待はしなかったが、火曜日は商店街全体の休みのようで、更にがっかりした。
『たけし猫招き』は商店街事務所のシャッターの奥に、薄暗く置かれていた。

その先の『おぐきんざ商店街』は活気があって、好印象だった。
『日暮里・舎人ライナー』が開通して、『赤土小学校前』駅にほど近い事が、その理由だろう。

総菜屋さんにはそこそこのお客さんがいた。
蒲団屋さんの枕や、洋品店の肌着などが安くて良かった。

『リサイクルショップ』で三個百円の靴グッズ(靴クリーナー、ワークブーツ用靴ひも、ヒール補修セット)を購入。


歩いていると荒川線の『東尾久三丁目』駅に着いた。

             (つづく)

|

« ぷらり途中下車の旅  ー 都電荒川線 前編ー | トップページ | ぷらり途中下車の旅  ー 都電荒川線 後編ー »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぷらり途中下車の旅  ー 都電荒川線 前編ー | トップページ | ぷらり途中下車の旅  ー 都電荒川線 後編ー »