« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月15日 (火)

『天高く、鳶を見つめる又三郎』

台風の影響で、風の強い日のことだった。

僕は、翼を大きく広げ、青空を滑空する鳶を写真に収めようと10倍ズームレンズ(デジタルズーム45倍)のコンパクトデジカメを構え、首を揺らしていた。


雲がゆっくりと流れている。

出来れば背景は秋を象徴する鱗雲が好い。
ハッキリではないが2ヶ所に鱗雲ゾーンがあった。

敵(鳶)も生身の動物である。そうコチラの思う通りにはいかない。

彼らの下でパンでも食べていれば寄ってくるのだろうがそこまで執着はしていなかった。
(20年前、江ノ島の防波堤に腰掛けてハンバーガーを食べていたら、まんまとあやつ:鳶に持っていかれたことがあった。)

鳶の姿を追いかけたり、雲の構図にフレームを固定して待ち構え足りしたが、そうそう思うようなシャッターチャンスは訪れることなかった。


数日後、僕はその時の写真をPCに取り込んでいた。

鳶の写真は5枚。

一枚目は空の背景ではなく、水平線。
残り4枚が空である。

鳶を只の影にしたくなくて露出を少し開けてしまったことで、空もうすぼんやりしてしまった。

なんだか鳶にも焦点(ピント)があっていない。

そして最後の一枚。

いちばん鱗雲と鳶の関係がよさそうだなぁ、と思った瞬間である。

鳶や空を見つめていたはずだったのに、……

Mii_2

見つめていたのは秋空の方だったのである。





               (了)           

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »