« 『  ソ チ 5  』 | トップページ | 『 歳をとる 』 »

2014年2月17日 (月)

 『 ソ チ 5 』 Vol.2

     ー 1 ー

5輪の代表選手が

『楽しんで』やります。とか、

『楽しめ』ました。とか、発言することが物議を醸しているようだ。

本人たちはきっと勝ちたいし、勝たなくちゃという想いは人一倍あると思う。
もちろん挫折感だってあるに違いない。

何故ならトップアスリートだからだ。

だけど、その事をプレッシャーに感じないようにするため

『楽しむ』と言っているだけでしょう。

国費を貪って、顔では渋い顔をして、腹では大笑いしている人なんかまだまだ一杯いるんじゃないの。

強きを挫いて欲しいもんです。

      ー 2 ー

ノルディック複合男子で、渡部暁斗選手が銀メダルを獲った。

おめでとう。

King of Ski荻原健司氏の金メダルから20年も経つのだそうだ。

その後のルール改正で、日本が得意だったジャンプの得点比率が下げられ、クロスカントリーの力が要求された。

そして20年経っての渡部選手の登場である。

(実際の登場は前の前の5輪からで、かなりの努力家だそうです。)

後続の第2集団に迫られることなく、堂々の銀メダル。

こんなのを見ると、僕はすぐその気になる。

通勤時、乗り換えの駅の階段を上がる時なんかは、二段飛ばしの大股開きで、ほとんどクロスカントリーの登り坂のフォームと見紛うばかりだ。

      ー 3 ー

羽生結弦君がアイススケート男子で金メダルを獲得した。

おめでとう。

ショートプログラムでは史上最高ポイントをあげたが、フリーの演技ではところどころでミスをおかしてしまったので、ドキドキだった。

それでも金メダルを獲れる人は獲るのだ。

5輪の女神ってのはやはりいるんだろうか。

      ー 4 ー

上村愛子さんが女子スキーモーグルで残念ながら4位に終わった。

5大会連続出場を果たし、階段を昇るように順位を1位ずつ上げてきたが、とうとう念願のメダルを獲得することは叶わなかった。

この時、女子スキージャンプの高梨沙羅ちゃんが、モーグルの順位に関わる採点に個人的に異議を唱えた、とウェブの情報を見た。

僕は、珍しいなぁ、と思いつつも、そんなことは自分の試合が終わるまで口に出したら駄目だよ、と思った。

すると、ジャンプのWカップで、表彰台をほぼ逃したことのない沙羅ちゃんが、4位の涙を流すことになった。

考えたくないけど、5輪の女神ってのはやはりいるんだろうか。

 

        5 ー

男子スキージャンプ、個人ラージヒルで、葛西紀明選手が7度目の5輪でとうとう念願の個人メダルを獲った。

おめでとうございます。

長年Wカップに参戦し、41歳の彼は『LEGEND』とさえ言われているのに、5輪での個人のメダルを獲ることが叶わなかった。

それもようやく過去の話になったわけで、5輪の女神もやっと微笑んでくれたんだと思ったのもつかの間、彼は共同の記者会見の席で、次回も、その次も、

45歳、49歳』になっても5輪に出たい、続けたいと発言したのだ。

女神だなんだって言っている遥か彼方を彼は翔んでいるのだと、感動させられた。



          (了)

|

« 『  ソ チ 5  』 | トップページ | 『 歳をとる 』 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『  ソ チ 5  』 | トップページ | 『 歳をとる 』 »