« 『 禁断の飲み物 』 -中編- | トップページ | 『 ある海の朝 』 »

2014年8月22日 (金)

『 禁断の飲み物 』 -後編-

薄く麻っぽい生地のグレーのワンピースを着たおばあちゃん。

白地に紺色とクロームメッキの取っ手の冷蔵庫。
おそらく250L程度。

ネズミが走り回るお勝手に、ブリキ職人だったおじいさんが手作りしたステンレスの流し、トタンの換気口。
(レンジフードのようにコンロに被さっていた。)
荒神様の札が貼ってあった、油なのか茶色に染まった柱。

70センチ四方のコタツ机を囲む食卓。

夕げの匂い、煮物、カレーライス。

麦茶。(砂糖なし)

****************

口に入れた瞬間、40年前の味が甦ってきた。

そうそう、これこれ。

しかし、直接麦を煮ていないからか、なんか味が足りない。
いや、もちろん味なのだけれど、なにかが違う。

部屋の明るさや匂いが違う。
僕の年齢も違えば、身長も随分と大きくなった。
早く言えばオジサンになっている。
まぁ、何もかも違う。

多くの経験をし、沢山のモノを手にしているのに、それほどモノがなかった当時の味が感じられない。


あの頃の方が、モノが無い代わりに、有り難みや、想像力や、時間があった。

もっとコンパクトな生活だったかもしれないが、心が豊かだったような気がする。


僕が『禁断』と感じたのは、
『砂糖入りの冷たい麦茶』を飲むことで、実は今の自分の心の貧しさが露呈するのをなんとなく感じていたからではないかと思った。


僕はまた、この『禁断の飲み物』を暫く封印しておくことにしようと思った。

     (了)

|

« 『 禁断の飲み物 』 -中編- | トップページ | 『 ある海の朝 』 »

時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『 禁断の飲み物 』 -中編- | トップページ | 『 ある海の朝 』 »