« 『 禁断の飲み物 』 -後編- | トップページ | 『 東大合格! 』 »

2015年7月 1日 (水)

『 ある海の朝 』

 慣れない車中泊での睡眠に、普段より早めに目を覚ます。
 表に出て東の方を眺めてみると、海一面が靄で白く覆われていた。
 そこが海だと知るためには、波打ち際に近寄って足元を見るしか術がないほど厚くのしかかっていた。


 午前8時半頃、靄が少し淡くなってきたので、砂浜の弧に沿って、むこう岸の防波堤まで行ってみることにした。
釣り客でも冷やかすつもりでだ。


 砂を踏みながら、海で削られ丸くなった石やガラスや煉瓦、もちろん貝殻などを品評する。
『ビーチコーミング』という遊び。
砂浜を櫛がけするということか。
 なんてことのない石や流木や、廃物であるガラス瓶の欠片などが、角を削られることでなぜかいとおしい小物たちに様変わりする。

 時の移ろいを知る瞬間。

 浜にあげられた小型ボートのエンジンの上でトンビが羽を休めていた。
眼孔鋭く、静観の構え。
 海岸の動物といえば、猫とこのトンビだ。
 青い空を優雅に滑っているかと思えば、上から獲物めがけて急降下するなど、なかなか油断がならない。
 この日も後に、海面すれすれまで舞い降りては、群れていたイワシを鷲掴みし、再び飛翔する姿を見ることができた。

 ほどなく防波堤の付け根である船着き場に着く。
 朝靄に浮かぶ漁船が幾隻も堤防にもやいで結ばれていた。
 出番を待つというよりは、休息している感じ。

 中に一隻、岸から2メートル程離れたところに浮かぶ小舟がいた。
 漁を終えて道具を片付けている岸の漁師に、舟の上から賑やかな声が掛けられた。

 船上には陽に妬けた小さな老夫婦が白い歯を見せていた。

 岸にいた漁師と笑いを交えて二言三言話したかと思うと、モーターをブルブルと言わせ、舳先を面舵にきり、朝靄の中に消えていった。


 期待と不安を胸に……、なんてことはなく、 老いた漁師の夫婦にとっては、ある朝の一日が、ただ始まっただけなのかもしれない。


          (了)


0001


0001_2

|

« 『 禁断の飲み物 』 -後編- | トップページ | 『 東大合格! 』 »

ロケーション」カテゴリの記事

コメント

>熊ちゃん
 いつもコメントありがとうございます。
 深いだなんてお恥ずかしいです。
 なんかちゃんとしたものも書きたいけど、オイラがちゃんとしてないんだよね(笑)

投稿: みのる | 2015年7月 2日 (木) 22時39分

いつものジロー節、今回は深いっすね。

投稿: 熊木基 | 2015年7月 1日 (水) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『 禁断の飲み物 』 -後編- | トップページ | 『 東大合格! 』 »